MENU

 私は現在41歳、ピアノ講師をしています。もともとは毛量が多い方で、美容院に行くと必ず、「毛が多いですね」と言われ、こちらが何もお願いをしなくても、すきばさみなどで半分ぐらいの量に減らされるようなタイプでした。

 

 毛量が多くてすぐに横に広がってしまい、自分の思い通りに髪型が決まらないので、毛が多いことが悩みでした。

 

 そんな私が自身の薄毛に気が付いたのは、自分を省みることができないぐらい忙しい子育て期間を少し過ぎた、子どもが4歳ぐらいになった頃のことです。本当は産後すぐに薄毛が始まっていたのかもしれませんが、子育てに追われ、まともに鏡を見ることもあまりなかったので、全然気が付きませんでした。

 

 髪型も、1番短い時間で洗髪ができ、すぐに乾かすことができるというだけの理由で、ずっとショートカットにしていました。私はショートカットにすると強いくせが出るタイプなので、薄くなった部分があってもそのくせ毛のせいで隠れていたのかもしれません。

 

 どの辺が薄くなり始めたかというと、つむじのあたりです。私のつむじは頭頂部よりも少し右側にあり、そこを中心にしていつも髪の毛を分けていました。まさか自分が薄毛になるとは思ってもみなかったので、それまで、生まれてこの方、分け目を変えたことが一度もありませんでした。おそらくそのことがあだとなり、つむじが極端に薄くなってしまったのだと思います。そこだけ頭皮が透けて見えるので、本当に目立ちます。

 

 薄毛に気が付いたきっかけは、子育てが一段落し、まともに鏡を見るようになったことです。自分のヘアースタイルを気にするようになり、合わせ鏡で自分の髪型をチェックしていた時に、「あれ?」と思いました。以前の自分のつむじに比べ、明らかにつむじ部分の頭皮が目立ち、髪が薄くなっていました。また美容室でも、美容師さんにつむじのあたりの毛が細くなっていますと言われ、やっぱりなと思いました。

 

 つむじ部分が薄毛になっていると、とても老けて見えるので、今はなるべくつむじ中心に髪の毛を分けるのを避けるようにしています。それでも長年の癖で自然にそこから分かれてしまうのですが、気付いた時に反対側に分けるようにしています。また、女性専用の育毛剤を買い、お風呂上がりにつむじのところに塗って、軽くマッサージしています。それから、美容師さんに勧められた、頭皮にあまり負担をかけないよう高温にならないドライヤーを買い、毎晩それで乾かしています。

 

 

 

 女性 薄毛